手のシミを消すクリームランキング!市販で手の甲のシミを消したい!

手のシミを消すクリーム

手のシミを消すクリーム口コミランキング!

 

手にシミができるとは思わず、日焼け止めを塗り忘れているうちに突然シミができてしまいました。

 

顔は必死で日焼け対策をしていても、手はついつい忘れてしまいます。

 

シミができた手を見ると10歳は老けた感じです(T_T)
手を見ると年齢がわかるなんて聞いたことがありますが、そこにシミがあると年齢以上です。

 

 

これはやばい!と思い、市販で手のシミを消すためにいろいろなクリームや化粧品、ピーリングを試してみましたが、
市販のクリームは私の見る限り、手の甲専用シミ消しクリームはなく、今はネット通販で買っています。

 

一度できてしまったシミはそう簡単には消えないんですよ( ;∀;)
肌のターンオーバーもあるので最低でも3か月はかかると思います。

 

手のシミでも昔にできた頑固なシミもあれば、最近できたシミもあると思いますが、その期間によっても違うと思います。
とにかくできるだけ早く、シミが消えるクリームで根気よく手入れをした方がよさそうです。

 

最近はハイドロキノンの化粧品やピーリングが出来るクリームも手軽に手に入るのですぐにでも手のシミ消しは始めることができますよ。

 

顔と同様、手のシミを消すのも保湿は肝心です。
冬だけでなく、夏もハンドクリームは忘れずに!

 

 

ルミナピール


 

顔用のピーリングクリームは、数多く販売されていますが
「手の甲のシミ」に特化した商品はなかったと
「待ってました!」という感じです。

 

一時は、入手困難で最大で3ヶ月待ちになったほどの商品なんですよ。

 

 

(1) 手の甲のシミに集中特化した商品だから

 

「ルミナピール」は、徹底的に手の甲の研究を重ね
皮膚の厚さや構造に合わせ、成分が最適に働くように
開発しています。
ただのピーリングクリームではなく、手の甲のトラブルに悩む人
向けに開発された商品。

 

 

(2) たっぷり保湿成分が含まれている

 

「古い角質を取り除く」までの商品が多い中
「ルミナピール」は、そこにプラスαのスパイス
「11種類の保湿成分」を加えピーリング後の肌はプルプルもちもちッです。

 

白いカスがポロポロ出て、手の甲がツルンとしっとりします。
手の甲に艶が出て若返った感じになりました!

 

徐々に手のシミが薄くなって消えました!

 

 

手の甲のシミ取り『ルミナピール』

 

 

 

 

ビーグレン


 

リピート率が何と90%以上とも言われ、
手の甲のシミが消えたという口コミが多いビーグレンです。

 

安全で信頼のおけるハイドロキノンを配合した化粧品で、シミに強い効果があります。

 

 

ポイントは☆

 

・皮膚バリアを通過して、肌トラブルの元まで成分が浸透する。

 

・性質が変化しやすい成分も、安定した状態で届けられる。

 

・長時間、成分が肌の中で留まり、効果を持続できる。

 

・肌にやさしく、効果的な成分を使用できる。

 

 

◆ハイドロキノン配合のブライトニングクリームは、
ビーグレン独自のブライトニング成分「QuSomeR化ハイドロキノン」をシミの根元まで直接届けスピーディーに働きかけます。
同時に紫外線トラブルをブロックし、新たな原因をつくらせません!

 

 

効果は個人によって違うと思いますが、お試しトライアルセットがあるので試してみるといいですよ!
手の甲のシミにすりこむように使ってみてくださいね。

 

肌に合わなければ365日返金保証がついているので、安心して始めることができます。

 

 

頑固なシミを消しクリーム

 

 

 

 

 

ホワイトニングジェル


 

シコンエキス、プラセンタ、甘草エキス、サクラ葉抽出液はじめ潤い成分高配合の薬用美白ジェルです。

 

ジェルといっても結構重みのあるクリームのような感じです。

 

しみって出来てしまうとなかなか消えないんですよ。
いつの間にか気が付くと濃いくなっていて焦りました。

 

このジェルのいい所は、マッサージすることによってしみだけではなく、
プラセンタなんかも配合されているので、肌のハリやしわなんかもケアすることができてしっとり潤います。

 

一つで10役のオールインワンなので手の甲もツルツルになり、ワントーン肌が明るくなりました。

 

シミだけではなく、くすみを取り、
毎日3分マッサージで美白をしながら手の甲もエイジングケアができるのでおすすめですよ。

 

ホワイトニングリフトケア

 

 

 

 

 

アンプルール


 

「ハイドロキノン」配合の化粧品アンプルールです。

 

・シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケア

 

・使用するには医師の処方箋が必要だった美白成分「ハイドロキノン」を安定化させ、世界で初めて化粧品に配合

 

・美白化粧品は乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力

 

・妊娠中や30〜40代の女性にできやすい肝斑にも使用可能

 

・品質評価国際機関「モンドセレクション」3年連続受賞
※薬用アクティブフォーミュラ

 

・芸能人や美容のプロからも絶賛

 

最初は顔には刺激がきついのかなと思いましたけど、それどころかしっとりして保湿感もよかったですよ。
翌日はしっとりして化粧のノリがすごくよくて、夕方まで化粧が崩れることなく過ごせました。

 

顔に刺激がなかったので、手の甲は余裕で使えます。

 

アンプルールってまだ出てないしみにも働きかけてくれるみたいで5年後や10年後にも差がでるんだそうです。
気になる部分的なしみのための、スポット用の美白が手の甲のシミに最適です。

 

皮膚科医が開発しただけのことはあって、肌が弱い私でも使うことができました。

 

全国どこでもお試し送料無料もうれしいですね(*^^)v

 

 

美白トライアルセット

 

 

 

キメテ薬用ホワイトニング

薬用キメテホワイトニングナイトクリーム

 

NHK「アサイチ」でのアンケート調査によると
実に約8割の女性が「自分の手に悩んでいる」と回答しています。

 

手は顔よりも10年も老化が早いと言われています。
いつまでも美容やオシャレを楽しみたい女性にとって、手の美しさは大切。
でも、手の甲のシミに対する解決策は意外に少なかったのです。

 

1、一般的なハンドクリームの場合
主たる目的が「保湿」のため、シミに対する成分は配合されていません。

 

2、顔用のエイジングクリームの場合
手と顔では皮膚の厚さが違うため、大きな実感があるとは言いがたい。

 

3、美白ハンドクリーム
水を使うたびに塗らなくてはならず、効果が限定的。

 

キメテ薬用ホワイトニングナイトクリームは、
これ1つで「保湿・美白・エイジングケア」ができる3種類の医薬部外品専用成分を配合。
さらに、デリケートな肌でも使用できるように6つの無添加で製造時にパッチテストも実施しています。
 <6つの無添加>
 ・香料 ・着色料 ・紫外線吸収剤
 ・パラベン ・エタノール ・鉱物油

 

 

◆就寝前に塗るだけの夜用美白ハンドクリーム

 

1日に何度も塗るのは面倒ですが、就寝前に塗るだけの夜用ハンドクリームなのでとても楽です。
さらに、塗ってすぐパソコンやスマホを使ってもベタつかないようなテクスチャーにもこだわりがあります!
かなり伸びが良くて浸透します。少しの量で腕までケアできます。

 

手のシミを消す方法

 

シミの原因はメラニンという色素のことで、このメラニンというのは誰の肌にも発生するものですが、健康的な肌であれば肌の細胞が入れ替わるのと同時にメラニンも肌から抜け落ちてくれます。

 

シミとなっているのは、メラニン色素が排出されずに肌細胞に残ることで黒い部分が現れてしまっている状態です。
この状態を色素沈着と言います。
これは肌が老化しているためメラニンを排出しきれていないことが原因で、そのため年をとってくるとシミが増える人が多いという理由が分かりました。

 

できてしまったシミを消す為の方法としては、まずは、現在色素沈着しているメラニンを薄くすることです。

 

メラニンを薄くするためには、メラニンを淡色化出来る成分が必要です。
ハイドロキノンを使うとシミを消す効果が期待できます。

 

次に、シミを薄くできる肌細胞にすることです。

 

シミを薄くする肌細胞というのは紫外線を弾き返す肌のことです。
肌が潤っている状態を保つことが大事です。

 

最後に、メラニンを作らない肌細胞にすることです。

 

メラニンは肌細胞の深い所で作られます。
メラニンの生成を止めなければシミを消しても意味がありません。

 

 

これらのシミを消す方法を具体的にどうするかというと、専用のコスメを使うのが一番効果的です。

シミを消すクリームの種類

年齢と共にどうしても増えてしまう「シミ」。
特に顔や手のシミは目立ちます。

 

シミは正しいケアをしていけば薄く目立たなくできます。
きれいな素肌を手に入れたい人、シミを目立たないようにしたい人、シミ消しクリームを使って素肌美人になりましょう!

 

シミを消すための化粧品にはいくつか種類があります。

 

中でもクリームタイプは、気になるポイントへつけやすく留めやすい形状なので使いやすく効果も出やすいタイプです。
シミ消しクリームには、美肌成分、美白成分など肌にいい効果をもたらす成分が多数含まれているのもメリットです。
シミを消すだけではなく、肌を健康な状態、潤いのある肌へと導くことができます。
美白成分が入っている美白クリームには主に3つの働きがあります。

 

・メラニン生成を抑制する働き。
・メラニンを還元する働き。
・メラニンを排出する働き。
これらは、シミを予防したり、薄くしたりする効果があります。

 

シミと言っても、実はいろいろな種類のシミがあります。
そのため自分のシミの種類に合わないシミ消しクリームをどれだけ使っても大した効果は得られません。
それどころかシミがひどくなってしまうこともあります。
自分のシミがどのタイプで、効果のあるシミ消しクリームはどのような商品を選べばいいのかを知っておくといいでしょう。

 

シミは大きく5種類に分けられます。

 

「老人性色素斑」

最も多いタイプで一般的に言われるシミがこれにあたります。
肌の老化、紫外線を浴びることでメラニンが蓄積されてできるシミです。

 

「そばかす」

生まれつきの体質、遺伝でできるもの、紫外線を浴びることでひどくなることもあります。

 

「炎症性色素沈着」

にきび跡、傷跡、虫刺されなどで肌を傷つけたことでできるシミ、肌をたたいたりこすったりして摩擦を与えてできることもあります。

 

「肝班」

妊娠中、更年期などホルモンバランスが乱れたときにできやすいシミ

 

「脂漏性角化症」

イボみたいに膨らんでいるシミで、良性腫瘍です。
肌の老化、紫外線などが影響してできやすいシミ

 

これらの中で美白クリームの効果があるのは、脂漏性角化症以外の4つです。
脂漏性角化症は皮膚科などでレーザー治療となります。
その他の4種類は、UVカット効果のあるものを使えば、紫外線をカットすることができますし、シミを薄くしていく効果も期待できます。
ただしそばかすの場合は美白効果は薄めで、UVカット効果の方を主に期待して使うことになります。

シミは予防が大切

 

シミは本来ならば出来ないようにする予防が大事なんですが、それでも出来てしまうから悩みになることも多いものです。
もし手にシミが出来てしまっても、時間はかかりますが薄くしていき、最終的に消えるまで諦めないことが大切です。

 

 

もう一つ大事なことは、新しい手のシミが増えないようUVケアも怠らないことです。
可能な限りでUVケアを意識してみてください。

 

UVケアとは紫外線から肌を守ることですが、紫外線は4月から日差しが強くなります。
曇りや雨の日でも実は紫外線はあります。

 

むしろ曇りの日のほうが紫外線は多いのです。
曇っているからと言って油断は禁物です。

 

日傘の理想的なものは、UVカットのものというよりは傘の色が大事です。

 

外側は白で内側は黒のものを選びましょう。
白は光を跳ね返し、黒は光を吸収します。
この性質を利用しましょう。

 

手の甲にもしっかり日焼け止めを塗って、UVカットのアームカバーをつけましょう。

 

 

あと手の日焼けには意外ですがサングラスもシミ対策の一つです。

 

目から入る紫外線はシミに大きく関係します。
レンズの色は実は明るいレンズを選ぶほうが紫外線から目を保護できます。
明るいほうが瞳孔を狭くするので防ぐことができるのです。

 

体を冷やさないようにしましょう。

 

肌にとって体温が低いと代謝が低くなります。
シミを薄くする秘訣は新陳代謝によってシミの元となるメラニンを押し出すことなので、常に代謝の高い状態に保つことは大事です。

 

生活リズムを整えましょう。

 

美容だけではなく健康的な目線でも大事なことですが、不規則な生活は体を疲れさせます。
肌にも大きなストレスになるので、一気に顔が疲れるのが分かると思います。

 

ストレスを貯めこまないことも重要ですので、楽しく実行できる方法を工夫しながら、継続できるシミを予防する習慣を見つけてください!

シミを消す保湿クリームの選び方

 

シミを消す毎日のお手入れの仕上げには、何といってもキープ力が大事です。

 

シミを消すハイドロキノンや老化しない肌細胞づくりのクリーム、ピーリングジェルなどを使用したとしても、すぐに乾燥させてしまったのでは逆に肌を老化させてしまう原因にもなりかねません。
乾燥は皮脂などを酸化させたりもするので、うるおいをキープさせることはとても重要なことです。

 

 

肌質をよくするためには、肌の弾力をしっかりと支えてハリのある肌を保つためのうるおいを持続させることをまず第一に考えてください。

 

そのために保湿クリームは良質なものを選ぶことが大事です。
良い保湿クリームの必須条件とは、少ない量で伸びが良く乾燥しづらいものでなければ良いクリームとは言えません。
またメイクなどのノリもありますし、あまりベタベタしすぎるのもよくありません。

 

逆に保湿クリームさえしっかりなじませておけば、肌のうるおいで新陳代謝が良くなり、メラニンを肌の外へ押し出すターンオーバーも行われます。

 

 

もちろんオーガニックのものでもいいのですが、肌にやさしい分効果の持続性では物足りないと感じることがあるかもしれません。
その場合は、刺激が強すぎずビタミンなどの栄養を与えられるクリームを使ってみるのもいいかと思います。

 

高級なものほど良いというわけでもないですが、伸びがいいものは少ない量で使うことができるので、ある程度値段が高くても長く使えることを考えると、かえってお得になることもあるかもしれません。

 

トップへ戻る